適切なオファーを選んでいますか?

塾生を募集するときに、
「体験授業が無料」、
「入塾金無料」、
「教材費無料」
など無料のオファーをつけていることが
あるかと思います。


この施策の背景にあるのが、
「返報性の法則」です。

返報性の法則とは、
人は先に恩恵を与えられると、
それに応えようとする行動をとるという
心理から来たものです。


この返報性の法則が効果的に
働かないことがあります。


それは、先に与えられた恩恵に応える
行動が与えられる恩恵に対して大きすぎる場合です。


言い換えれば、
オファーがあまりにも価値が低いと
思われてしまうものは効果が無いと言えます。

たとえば、
無料体験授業は、実際に授業を体験してもらって
入塾してもらうということで言えば
合理的だと思います。


しかし、返報性の法則から言えば、
現在ほとんどの塾が無料体験授業を行っているということから、
そのオファーとしての価値は低いと考えられます。


貴塾が授業を体験してもらえば、
授業の良さがわかってほぼ100%入塾につながると
いうことであれば、無料体験授業のオファーはいいとは思います。


しかしながら、返報性の法則の観点から
無料体験授業をオファーとして提供するのは考えものです。
もし、無料体験授業をオファーとして提供するなら、
「こんなにしてもらって悪いなぁ」
と感じてもらえるくらいの期間を提供するなど
少し応用が必要です。


貴塾が提供しているオファーを
提供される側にどの程度価値を持たれているかということを
氣にかけてみてください。

 

2階にある塾はウィンドウ広告の活用を

駅前にある塾ですが、いわゆる雑居ビルの2階にあります。
改札口から2分以内にあるという場所的にはとても有利です。

残念なことはウィンドウ広告を有効に使っていないということです。

その塾の窓には
小さく塾名と電話番号が載っているだけでした。

確かにその階に塾があるということだけはわかります。
2階以上にある塾は、やはり1階にある塾と比べて
問い合わせしにくいという傾向はあります。

しかしながら2階なら3階以上にある塾と比べて
ウィンドウ広告を活用できますから、
1階にある塾と比べて極端に不利というわけではありません。

近くから少し見あげるだけで視界にはいってくる
2階の塾のウィンドウ広告は活用しやすいのです。

ウィンドウ広告に
キャッチコピーは必須です。
それをみるだけで、問い合わせをしてみたいと
思えるようなキャッチコピーをウィンドウ広告に使いましょう。

こんなありふれたキャッチコピーを使わない
× 生徒募集中
× 無料体験授業受付中

というのはもちろんですが、

月謝金額や指導形態をウィンドウ広告にいれても
意味ありません。

振り向いてもらえるキャッチコピー、
ちょっと話を聞いてみようかなというキャッチコピー
を絞り出して、
ウィンドウ広告に入れてみてください。

問い合わせの件数がきっと増えると思います。
 

他塾のいいキャッチコピーを真似すればいいのか?

他塾のチラシを手にしたとします。

とてもいいキャッチコピーが使われていました。
そのキャッチコピーを参考に自塾のキャッチコピーを
作ることはどうでしょうか?

参考としたチラシが近隣(同じ商圏)の塾の場合は完全にNGですね。

少し離れた塾のチラシの場合は、
ケースバイケースです。


最初に考えなければいけないのは、
自塾の特長です。


その特長と参考にする塾と類似していれば
キャッチコピーの型は真似してもいいと思います。
まったく同じフレーズというのはやはり感心しません。

同じ参考にするなら他の業界の方がいいでしょう。
それは、学習塾業界には眼を見張るような
キャッチコピーは少ないからです。

以前の記事でも紹介しましたが、たとえば、
キャッチコピーの天才と言われたジョン・ケイプルズの有名な
キャッチコピーがあります。


それは、
「私がピアノの前に座ると、みんな笑った。
しかし私がピアノを弾き始めると…」
というキャッチコピーです。


このキャッチコピーは、1920年代に書かれた
音楽学校のキャッチコピーだと言われます。


このキャッチコピーは爆発的な反応がありました。


そのため、いろいろな業界で
型を継承しながら、いろいろなフレーズを用いて使われています。


「 私が通販を利用しようというと、主人はバカにしました。
しかし、居間の絨毯は通販で買ったものだとわかると...」


「ネット初心者の私が、ネットビジネスを始めたというと、
周囲の友達は笑いました。しかし、私の貯金通帳を見せると・・・」
という形でいろいろとフレーズを変えて使われています。


みなさんも他の業界のチラシをみて、
これはいいと思うものがありましたら、
型を継承しながらもフレーズを
貴塾に合うように変更して使ってみてください。
 


学習塾集客110番ブログ

「学習塾集客110番」ホームへ

学習塾向け商材

☆学習塾広告用キャッチコピー集☆

キャッチコピーがうまくできないから、 なかなかいいチラシやDMが作れない という塾長さんの声に答えて、 「学習塾広告用キャッチコピー集」Kindle版 を発売しました。

効果のあるキャッチコピーを学習塾で 使われたことのあるものもふくめて 200弱紹介しました。

これがあれば、簡単に 学習塾向けキャッチコピーができる

購入はこちら↓

PR


最近のエントリー

カテゴリー

リンク

profile

サイト内検索

others

mobile

qrcode

スポンサーサイト