小中学校の夏休みを短縮する動き

小中学校の夏休みを短縮する動きが広がっているそうです。産経新聞の報道によると、
全国の政令指定都市や中核市計51市と東京23区のうち、年間の授業日数を増やすために夏休みを純減した自治体は2市6区、1校でも短縮する学校がある自治体は11市3区ということです。

学校週5日制で減った授業時間の確保が主な目的でしょう。
特に都市部では、週6日制の私立学校に生徒を奪われていますから、生徒奪還というマーケティング的意味合いもあるでしょう。

学習塾業界にとっては、夏期講習の時間が減少するなどして逆風でしょう。少子化、推薦入試の導入による入学試験の前倒し、そして夏休みの短縮化など、今後塾業界がマーケティング的に克服しなければいけない課題は結構ありますね。

By Exe Marketing Support

他のブログのランキングは? 人気blogランキングへ

学習塾-夏期講習のチラシ

ここ1ヶ月いろいろな塾から夏期講習の新聞折り込みチラシが入ってきます。マーケティングの考え方なのですが、新聞折り込みチラシで生徒募集というのはあまり効率のいい手法ではありません。

どのチラシを見てもあまりインパクトがあるものではありません。

ある塾の例をとってみましょう。
チラシの実物をお見せできないのが残念です。

この塾は、ダイレクトメールという形で夏期講習の生徒募集を行いました。

封筒は、定形封筒。表面の下半分に自塾の名前、住所、地図が印刷。

ダイレクトメールの中身は、
夏期講習のチラシ(1色刷)B4
保護者宛の夏期講習の案内(1色刷)A4
B4カラー印刷の夏期講習チラシ B4

カラーチラシと単色チラシに塾の特色が書いてあります。
それも一言一句全く同じです。

その特色も「少人数制」、「家庭学習も指導」などあまり特長として訴えかけるものではありません。

ダイレクトメールの基本は、何種類かのチラシを封筒に入れるということですが、内容が同じでは意味がありません。

また、チラシの目的がはっきりしていませんでした。
夏期講習のための説明会への動員なのか
直接、夏期講習に申し込んでほしいのか曖昧です。

これでは、ダイレクトメールを発送しても反応が少ないでしょう。

それに第一、通常の定形封筒というのがいただけません。開封率をアップするためには透明封筒の方が好ましいです。

まとめ
ダイレクトメールの基本
○透明の封筒を使う
○ダイレクトメールの中身は大きさのちがう何種類かのチラシを入れる
○チラシの目的をはっきりする
○特長で差別化が図れないならチラシに入れない(説明会へ動員しそこで、塾のちがいをはっきり謳う)

By Exe Marketing Support

他のブログのランキングは? 人気blogランキングへ

個人塾-入塾テスト(面接)はするべきか?

個人で学習塾を経営していると、生徒数確保のためどうしても間口を広くしていろんな生徒を集める傾向になります。特に、開塾間もないときはそのような感じです。

しかし、ここで大事なのは自分がどんな生徒を集めたいかということを明確にしておくことです。成績不振児を集めるのか、成績優秀者を集めるのか、それとも勉強の楽しさを教えたいのか、それぞれの塾で特長があると思います。

また、講師の能力の問題もあります。私立中学受験生を教える能力はあるのか、成績不振児を教えるノウハウ、今季はあるのか、自塾のもっている能力を整理しておく必要もあります。

ですから、最初は経営的に苦しいかも知れませんが、ほんとうは成績が中以上のレベルに子どもたちを集めたいにもかかわらず、成績が余りよくない生徒も妥協して入塾を許可してしまったら退塾者が出てくるかも知れません。退塾者は、既存の生徒にも大きな影響を与えます。退塾者を出すくらいであれば、最初から入塾させない方が経営的にいいくらいです。

やはり、入塾テストもしくは入塾面接を行って入塾者のスクリーニングをすることをお勧めします。

By Exe Marketing Support

他のブログのランキングは? 人気blogランキングへ


学習塾集客110番ブログ

「学習塾集客110番」ホームへ

学習塾向け商材

☆学習塾広告用キャッチコピー集☆

キャッチコピーがうまくできないから、 なかなかいいチラシやDMが作れない という塾長さんの声に答えて、 「学習塾広告用キャッチコピー集」Kindle版 を発売しました。

効果のあるキャッチコピーを学習塾で 使われたことのあるものもふくめて 200弱紹介しました。

これがあれば、簡単に 学習塾向けキャッチコピーができる

購入はこちら↓

PR


最近のエントリー

カテゴリー

リンク

profile

サイト内検索

others

mobile

qrcode

スポンサーサイト