無料レポート「効果的学習塾チラシの作り方」をアップしました

 無料レポート「効果的学習塾チラシの作り方」をアップしました。

これまで、ブログにアップした記事の中から、
チラシの作成に関する記事を加筆、改訂したものです。

フェイスブックページより「いいね」を押していただけると
自由にダウンロードいただけます。

「やる気を持ち続けることの大切さ」

新年を迎えると暦とともに気分も変わってやる気になるものです。
一年を終わったときに、実のある一年だったかどうかは、そのやる気をいかに継続するかという事にかかっています。

もうそろそろ、年が明けて1ヶ月が過ぎますが、みなさんはいかがでしょうか?新学年が4月からはじまりますから、まだまだモチベーションは維持していらっしゃると思います。

やる気を持ち続けることの大切さを考えさせられたのは、フレッド・スミスや井深大氏の逸話を読んだときでした。

アメリカの航空貨物会社、フェデラル・エクスプレスの創業者、フレッド・スミスは大学の時に、今の事業のもとになったアイデアを考えつきました。その考えとは、自転車のハブとスポークになぞらえたハブ・アンド・スポーク方式によって荷物の翌日配達が出来ないかというものでした。ハブ・アンド・スポーク方式とは、米国各地の拠点(自転車でいえばスポークにあたるもの)から本社(自転車でいえばハブ)にいったん荷物を集結させそれから各地配送するというものです。経済界の多くの人が彼の考えの実現を否定しました。しかし、彼は情熱を持ち続けました。彼のビジネスは最初の数年間は毎年日本円にして数億円の赤字でしたが、情熱を失わずにビジネスを続けた結果今では世界でも指折りの企業になっています。

ソニーの井深大氏も情熱を持ち続けた一人です。ソニーはアメリカのウェスタン・エレクトリック社からトランジスターの製造技術を導入しました。トランジスターをラジオに使おうという井深氏の考えを聞いたウェスタン・エレクトリック社の技術者はその考えの実現性を否定したそうです。実際、ソニーは、最初のうちは満足できるレベルのトランジスターを製造することが出来なかったそうです。ところが、二年半の後ついにトランジスター・ラジオの開発に成功しました。いうまでもなくソニーのトランジスター・ラジオは大ヒットしました。

たいていの人は、二,三ヶ月で結果が出ないとあきらめてしまいます。そこをあきらめず初心を忘れることなく情熱を持ち続ければ一年後には、ずいぶんと違った生活をしていることでしょう。

宿題代行業と学習塾のサービス

宿題代行業者がニュースになっています。読書感想文2万円、工作5万円が相場らしいですね。宿題代行業者については
賛否を呼んでいます。教育関係者は「家庭学習の習慣を身につけるという本来の趣旨に反している」と、批判的な意見が多いようですね。

さて、学習塾としては、この問題にどのようなニーズを見いだしたらいいのでしょう。

宿題代行業者が流行っているということは、子ども達や保護者の間で宿題をみてもらいたいというニーズがあるということです。

学習塾のカリキュラムとして学校の宿題を組み込むわけにはいかないでしょうが、追加のサービスとして宿題を教えてあげる、もしくは空いている時間に自習室で宿題をやらせる。
読書感想文の書き方の解説をするなど新たなサービスを生む余地があるのではないでしょうか?

ある個別指導塾は、実際に夏期講習のカリキュラムの中に学校の宿題をやる時間を組み入れ、子ども達に評判だったようです。受験学年でない子ども達にとっては、塾の勉強プラス宿題を家でやるというのはあまりありがたいことだったようで、学校の宿題を塾で出来ることで塾に対する評価が上がったそうです。

By EXE Marketing Support

他のブログのランキングは? 人気blogランキングへ


学習塾集客110番ブログ

「学習塾集客110番」ホームへ

学習塾向け商材

☆学習塾広告用キャッチコピー集☆

キャッチコピーがうまくできないから、 なかなかいいチラシやDMが作れない という塾長さんの声に答えて、 「学習塾広告用キャッチコピー集」Kindle版 を発売しました。

効果のあるキャッチコピーを学習塾で 使われたことのあるものもふくめて 200弱紹介しました。

これがあれば、簡単に 学習塾向けキャッチコピーができる

購入はこちら↓

PR


最近のエントリー

カテゴリー

リンク

profile

サイト内検索

others

mobile

qrcode

スポンサーサイト