塾生に退塾してもらいたい

世の中ミスマッチはよくあることです。

学習塾では、塾生がこの塾は自分に合わない、
役に立たないと思えばやめていきます。

しかしながら、塾側として、
この塾生にやめて欲しいと思っても
多くの場合、その「意志」は塾生には伝わらず、
なかなかやめてくれないものです。

塾側が、ある塾生に退塾して欲しいと思う場合、
その理由は何でしょう?
  • 授業中他の生徒の迷惑になる行為をする
  • 成績が上がらない(ので塾の実績を語るときに不利)
  • 学校でその子の評判が悪く、塾に不利なクチコミが生じる
などがよくあげられる理由です。

塾が塾生に退塾してもらいたいという事案が生じる原因は、
入塾時のミスマッチにあります。

経営的に楽をしたいので、
自塾のターゲットではない子を入塾させてしまう
というのが一番大きな理由です。

悪いクチコミの生じ方としては、
生徒が自ら退塾するときよりも
塾が塾生に退塾してもらう時のほうが
はるかに悪いクチコミが発生します。

今後は、入塾時に自塾のターゲットに合わない子は
受け入れないという手立てを講じるとして、
現在退塾してもらいたいが、悪いクチコミをできるだけ
生じさせたくない場合はどうしたらいいでしょうか?

最後まで「親身」になって、塾生のことを考えてあげて、
提案するということが必要です。

たとえば、成績不振の生徒に対しては、
自塾の講師、システムでは成績を上げるのは
難しい場合、そのような自塾では成績を上げられない子に
やめてほしいとします。

個人面談で、補習塾を紹介するという方法があるでしょう。
それでもやめてくれない場合は、完全個別指導などの
提案もありうる(月謝が上がるためやめると言ってくる
割合が上がります)でしょう。

また、授業中授業の邪魔をする生徒の場合は、
毅然と1回注意した後(もちろん、保護者にも連絡した上で)
それでも態度を改めない場合は退塾処分を言い渡してもいいと思います。

いっときは、悪いクチコミが発生するかもしれませんが、
退塾させなければ、まじめに授業を受けている子を守れませんし、
逆にそのような子が塾をやめると言ってくるかもしれません。

そのほうが塾にとってはダメージが有ります。

ポイントは、塾側の理由でやめて欲しい場合は、
最後まで「親身」に、生徒側の理由で塾として
やめて欲しい場合は、他の生徒を守るため
「毅然」とした態度をとるということです。


 

ミスマッチを防ぐことが退塾を防止する

春に入塾者をたくさん集めても、この時期に
退塾者を増やしてしまっては、ざるで水をすくうようなものです。

また、「この子は本当なら退塾してもらいたい」
という子もでてくるのが、入塾して半年くらいしてからでしょうか。

退塾者を出してしまう、もしくは退塾して欲しい子が
在塾しているというミスマッチな状況はどうして生まれてしまうのでしょうか?

それは広告宣伝でどんな子に来て欲しいかということが
明確になっていないからです。

塾の方針として、どんな子でも受け入れてしまうというのは論外ですが、
どんな子を一番効果的に指導できる資質を持っている塾か
ということは広告宣伝でしっかりとうたう必要があります。

私立中学受験指導をやったことがない、もしくはそれが得意でない塾が
塾説明会でそのような要望があったからといって、
私立中学受験クラスを作っても退塾者を出すだけです。

それだけでなく、クチコミで評判が悪くなってしまうという
事態も招きかねません。

成績不振生徒を指導できないのに、受け入れてしまうと
講師がその生徒にかかりっきりになってしまうか、
時間をかけて指導した割には成績が上がらないので、
評判が悪くなってしまうという事態を招くでしょう。

何においても最初が肝心ということでしょうか。

退塾者を減らすためにどうするか、
退塾してもらいたい子をどうするか
という問題についてはまたの機会に触れたいと思います。

冬期講習の位置づけは?

冬期講習のキャッチコピーを作るときに
最初に考えなければいけないのは、その位置づけです。


多くの塾長さんにとって、
冬期講習は「有料の体験入塾」の位置づけではないでしょうか?


10日程度の短期間では成績を目に見える形で引き上げることは
難しい。
けれども、塾の授業の良さは冬期講習を受講してもらえれば、
わかってもらえるので入塾につながる。


外部生として冬期講習を受講する側も
冬期講習でよかったら入塾してもいいと思っています。


そういう意味では、
塾側と受講生側の思惑があっています。


しかし、これでは、ターゲットが狭すぎです。
体験入塾的に冬期講習を捉えている家庭しか
ターゲットにできなくなります。


それではどうすればいいのでしょうか?


受講生側の最大のニーズは
「成績向上」
「勉強がわかるようになる」
ということです。


短期間で目に見える形で成果を上げること、
短期間で目に見える形で成績をあげることが
できるということをキャッチコピーに
盛り込むことが集客につながります。


短期間で目に見える形で成果を上げるのに、
いままでのようにいろいろな教科、
単元を指導していては難しいでしょう。


単元を絞る、教科を絞ることが必要となります。
そうすることで
「短期間で成果を上げることができる塾」
と認識されることになり、
それがのちの集客につながります。



 


学習塾集客110番ブログ

「学習塾集客110番」ホームへ

学習塾向け商材

☆学習塾広告用キャッチコピー集☆

キャッチコピーがうまくできないから、 なかなかいいチラシやDMが作れない という塾長さんの声に答えて、 「学習塾広告用キャッチコピー集」Kindle版 を発売しました。

効果のあるキャッチコピーを学習塾で 使われたことのあるものもふくめて 200弱紹介しました。

これがあれば、簡単に 学習塾向けキャッチコピーができる

購入はこちら↓

PR


最近のエントリー

カテゴリー

リンク

profile

サイト内検索

others

mobile

qrcode

スポンサーサイト